立憲の衆院議員「拉致被害者生きてない」 抗議受けて謝罪と撤回

[PR]

 立憲民主党の生方(うぶかた)幸夫・衆院議員(比例南関東ブロック)が、北朝鮮による拉致問題について「もう生きている人はいない」などと発言したとして、拉致被害者家族会と支援団体「救う会」が11日、抗議声明を出した。生方氏は同日、ツイッターへの投稿で発言の撤回とおわびを表明した。

 救う会などによると、生方氏は9月23日、千葉県松戸市で開いた「生方幸夫市民フォーラム」と題する集会で発言。拉致被害者横田めぐみさんについて「生きているとは誰も思っていない。生きているなら帰すのではないか」などと語った動画がネットに投稿された。

 家族会と救う会は声明で「生方議員は人の命にかかわる重大な人権問題について、日本政府の基本的立場を否定し、北朝鮮の主張に賛同している。拉致被害者家族と支援者、被害者自身の生命に対する重大な侮辱であり冒瀆(ぼうとく)だ」と抗議し、発言の取り消しと謝罪を求めた。

 生方氏は11日、自身のアカウントで「不適切な発言をしてしまいました。発言を撤回するとともに、拉致被害者の家族の皆様及び関係者の皆様にお詫(わ)び申し上げます」とツイートした。事務所によると、本人が投稿したという。県連幹部によると、生方氏は県連代表を辞任する意向を示している。県連は持ち回りの幹事会で対応を決めるという。

 立憲民主党は11日、福山哲郎幹事長と森ゆうこ拉致問題対策本部長の連名で「発言は党の考え方と全く相容(い)れず、拉致被害者と家族、拉致問題の解決に携わったすべての方々を深く傷つけるもの」として生方氏を厳重注意し、党としておわびする緊急声明を発表した。