秋の気配はどこへ…真夏日続出、各地で10月の暑さの記録更新相次ぐ

吉沢英将
[PR]

 10月なのに、秋の気配があまり感じられない――。それもそのはず、10月上旬の平均気温は西日本を中心に平年を大きく上まわり、10月の歴代最高記録の更新も各地で相次いでいる。

 東京都心は10月に入り、上旬の10日間で8日が最高気温25度以上の夏日となった。11日も暑かった。真夏日には届かなかったが、午後1時過ぎに29・3度を記録した。昨年10月の11日までの夏日は3日間だけだった。この日は午後4時現在、全国120地点で真夏日になるなど、10月としては記録的な暑さが続く。

 気象庁によると、10月上旬の平均気温は平年と比べ、北日本で1・9度、東日本で2・8度、西日本で3・0度高いという。

 大分県日田市は3日に猛暑日となる35・7度を記録。10月の過去最高にあと0・3度まで迫り、全国歴代2位だった。暑さは北日本にも及ぶ。札幌市では4日に27・3度を記録して10月の過去最高になった。4日の青森市の30・3度は、歴代で最も遅い真夏日だ。

 暑さをもたらしたのは、太平洋高気圧だ。気象庁によると、10月に入って日本列島全体を覆う日が続き、「おおむね夏と同じ大気の状態」と担当者。この時期に寒気をもたらす偏西風が北に寄り、高気圧が張り出しやすい状態という。

 ただ、暑さは今週末以降、和らぐ見通しだ。大陸側から涼しく乾いた風が吹き込むため、列島に秋の空気をもたらすという。気象庁は今後、気温の変化が大きくなるとして体調管理に注意を呼びかけている。(吉沢英将)

10月に気温30度以上の真夏日になった観測地点数

1日…103

2日…105 ※東京都心で真夏日

3日…150 ※大分県日田市で10月全国歴代2位の35・7度

4日…166 ※札幌市で10月最高の27・3度を記録。青森市で史上最も遅い真夏日

5日…134 ※岡山県新見市など計5地点で10月の最高に

6日…110 ※愛知県蒲郡市など計7地点で10月の最高を記録

7日…78 

8日…129 ※群馬県みなかみ町で10月最高を更新

9日…134 ※山口市で10月最高の31・5度を記録。計4地点で10月最高に

10日…177 ※福岡県宗像市など19地点で10月の最高に

11日…120(午後4時現在)

※全国919地点。気象庁による