小園健太投手はDeNAが交渉権 リーゼントの三浦監督「手震えた」

[PR]

(11日、プロ野球ドラフト会議)

 DeNAの三浦大輔監督が、阪神と競合した小園健太投手(市和歌山高)の抽選で当たりくじを引いた。「緊張して手が震えました。手を突っ込んで触れたくじを引こうと決めていました」。通算172勝をあげた右腕で交渉権を引き当て「めちゃくちゃ興奮したし、ほっとした気持ちもありました」。

 初めてのドラフト会議に向けて前日、「正装で臨みます」と語っていた三浦監督。この日はスーツに、トレードマークとなっているリーゼントヘアをばっちり決めて会場入りした。

 小園投手については「強いストレートが魅力。マウンドでの投げっぷりも強気で攻めていくオーラが出ている」と絶賛。「将来はベイスターズのエースとして階段を上ってくれたらと思います」と期待を口にした。

仲良すぎる市和歌山・小園と松川 ドラフトも「ニコイチ」快挙なるか

市和歌山高でバッテリーを組む松川虎生捕手はロッテの1位指名を受けました。2人のインタビューはこちらの記事でどうぞ。