18歳、めざせ生涯投票率100% 60年×100回記録できる手帳

嶋田圭一郎
[PR]

 愛知県大府市選挙管理委員会は、18歳になって初めての選挙を迎える市民に「選挙手帳」を配ることを決めた。まず19日公示、31日投開票の衆院選に向け、対象の約500人に送った。約60年、100回分の選挙を記録できる。

 手帳はパスポートほどのサイズ。投票所に用意する選挙名などの入ったスタンプを押せる欄や、投票日と投票率を書き込める欄がある。また当選者や争点、自身の政策への思いなどを自由に記入できる欄もある。

 1万冊作り、今後、国、県、市の選挙前に対象者に配る。来年の参院選では約1千冊を配る見込みという。若者に選挙や政治への関心を少しでも高めてもらいたい考えで、市選管は「生涯投票率100%をめざして」と呼びかける。

 果たして60年後、この手帳を埋め尽くし、新たな手帳を求める人が現れるか。(嶋田圭一郎)