SBが14人も育成指名 過去に名選手輩出…「常勝」サイクル狙う

有料会員記事

菅沼遼
[PR]

 11日のプロ野球・新人選択ドラフト)会議後、即戦力ではなくても将来性を見込んで選手を指名する育成選手選択(育成ドラフト)会議が開かれた。

 そこで、福岡ソフトバンクホークスは12球団で最多となる14人もの選手を指名した。

 2005年に育成ドラフトの制度が始まって以降、1球団の指名としては史上最多だ。14人の内訳は、高校生が9人、大学生が5人。

 球団の長期的なビジョンが、大量指名から読み取れる。

 元々、ソフトバンクは育成ド…

この記事は有料会員記事です。残り482文字有料会員になると続きをお読みいただけます。