クロスボウ「所持禁止」前に警察が950本引き取り 最も多い県は…

[PR]

 洋弓銃ボーガン(クロスボウ)の所持を原則として禁じる改正銃刀法が6月に公布され、全国の警察が3カ月間で引き取ったクロスボウは計950本だった。警察庁が発表した。改正銃刀法は来年3月15日に施行される。

 法が施行されると、クロスボウを所持するには都道府県公安委員会の許可が必要となる。用途もスポーツの標的射撃や動物麻酔に限られる。すでに所持しているクロスボウは、経過措置の期限となる来年9月14日までに許可を得るか、警察に引き渡すなどしなければならない。不法に所持した場合、3年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられる。

 警察庁によると、公布された6月16日から3カ月間で、警察が引き取った本数が都道府県別で最も多かったのは愛知の115本。北海道78本、兵庫65本、東京61本、岐阜56本、神奈川50本と続いた。

 規制の対象となるのは、クロスボウの矢の威力が人の生命に危険を及ぼす可能性があるもの。昨年6月に兵庫県宝塚市でクロスボウによって家族ら4人が殺傷されるなど、重大な事件が相次いだことを受けて規制の強化が進んだ。