エルサレムに「スギハラ広場」 命のビザ発給の功績たたえる

有料会員記事

エルサレム=清宮涼
[PR]

 第2次世界大戦中にナチス・ドイツの迫害から救うためにユダヤ人に「命のビザ」を発給した外交官、杉原千畝(ちうね)(1900~86)を記念し、イスラエルエルサレムで11日、「チウネ・スギハラ広場」の命名式が開かれた。命のビザを受け取った人々や家族が集まり、その功績をたたえた。

 杉原千畝の四男でベルギー在住の伸生(のぶき)さん(72)も式典に出席した。「日本人観光客も訪れるエルサレムに、杉原千畝の名前で広場ができたことは信じられないくらいうれしい」と話す。

 杉原は大戦中にリトアニア・カウナスで日本領事代理を務め、日本外務省の指示に反し、独断でユダヤ人に日本通過のビザを発給した。

 杉原はかつて、「なぜビザを…

この記事は有料会員記事です。残り351文字有料会員になると続きをお読みいただけます。