「在宅で稼げます」SNSでバイト募集 免許画像提出させられた末に

有料会員記事

土舘聡一
[PR]

 「在宅勤務で稼げる」といったうたい文句でアルバイトを募り、不正に購入した商品の受け取り役をさせていた転売グループを警視庁が摘発した。応募した際に渡した個人情報が悪用され、受け取り役が商品の代金を請求された例もあるという。警視庁は、こうした募集に安易に乗らないよう呼びかける。

 サイバー犯罪対策課によると、摘発されたグループには主要メンバーの下に「注文役」「荷受け役」「換金役」といった役割分担があったという。

 グループは2019年ごろからSNSに「在宅勤務で簡単に稼げます」などと書き込み、商品の「荷受け代行アルバイト」として荷受け役を募っていた。同課は、グループが転売によって約2年間で少なくとも2億円を得たとみている。

 捜査で判明した不正転売の流れはこうだ。

 注文役は不正に入手した他人…

この記事は有料会員記事です。残り998文字有料会員になると続きをお読みいただけます。