不祥事続く東京電力 「最後の機会」「本気で生まれ変わる」の違和感

有料会員記事

編集委員・佐々木英輔
[PR]

 東京電力の組織体質は、やはり変わっていない。柏崎刈羽原発で相次いだテロ対策の不備をめぐり9月に公表された検証結果に、そう思わざるを得なかった。

 直接問題になったのは、IDカードの不正使用や、侵入を検知する設備の故障だ。しかし、報告書を読むと、個人や一部署にとどまらない組織の問題であることがよくわかる。それぞれのエピソードは、福島第一原発事故前の津波対策、事故対策をめぐる状況とも重なって見える。

 内部の人はテロの脅威になり得ないという思い込み、代替措置で十分と復旧を急がなかった状況は、「大津波など来るはずない」と対策を先延ばしにしてきた過去と似通う。機器のリース元から懸念を伝えられても積極的に対応しない本社幹部、規制当局の反応や現場からの報告がないなら問題なしととらえる風潮、電力各社への指示を自社の重要課題と受け止めず上司に上げない組織、部署間の壁……。どれも事故の調査や裁判で見聞きしたこととそっくりだ。

 会見で小林喜光会長は「(改善計画を)やり遂げることができなければ、原子力事業に携わる資格がないとの烙印(らくいん)を押されるととらえ、最後の機会を与えられたものと覚悟を持って取り組んでいく」と表明。小早川智明社長は「本気で生まれ変わらなければならない」と語った。

 違和感を覚えた。住民を巻き込む大事故を起こし、事故前から不祥事が絶えない組織にまだ機会が残されているのか。何度も誓った再生は、本気でなかったのか。

 会見場の記者からも「(最後…

この記事は有料会員記事です。残り590文字有料会員になると続きをお読みいただけます。