時速830キロ時に操縦席むき出しに 空自・F2戦闘機の部品落下

有料会員記事

成沢解語
[PR]

 福岡県の上空で10日、航空自衛隊築城基地(同県)所属のF2戦闘機から操縦席を覆う部品が落下した事故で、落下時の飛行速度は時速約830キロで高度は約7千メートルだったことが、防衛省への取材でわかった。操縦席がむき出しの状態になったが、基地に引き返し、けが人はなかった。

 同省によると、戦闘機は領空侵犯の可能性がある外国機に対応する緊急発進のため、午後0時45分ごろに基地を出発。同県朝倉市東部の山間部の上空を飛行中の0時50分ごろ、操縦席を覆う風よけの風防(約90キロ)が落下した。風防はアクリルガラスをアルミニウムの枠にはめ込んだもので、乗員が機内に出入りする時に開閉する中央部分が枠ごと外れた。戦闘機は午後1時4分ごろ基地に戻った。

 時速約830キロは民間航空…

この記事は有料会員記事です。残り217文字有料会員になると続きをお読みいただけます。