池袋事故の元被告「過失反省、刑に服したい」 収容手続きのため出頭

有料会員記事

新屋絵理
[PR]

 東京・池袋で2019年、暴走した乗用車で母子が死亡し9人が重軽傷を負った事故で、禁錮5年の実刑判決が確定した旧通産省工業技術院元院長・飯塚幸三元被告(90)が12日、「私の過失を反省するため刑に服したい」とのコメントを発表した。飯塚元被告は同日、刑務所への収容手続きのため東京地検に出頭した。

 9月の東京地裁判決は、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)の罪に問われて無罪を主張した飯塚元被告に対し、ブレーキとアクセルの踏み間違いが事故の原因と指摘。被告と検察の双方が控訴せず、禁錮5年の判決が確定した。

 飯塚元被告はコメントで、控訴しなかった理由について「判決を読み、暴走は私の勘違いによる過失で、ブレーキとアクセルを間違えた結果だったと理解した。亡くなられた松永真菜様、莉子様のご家族とご親族様、おけがをされた被害者の方々に深くおわびします」とした。

 妻子を亡くした松永拓也さん(35)もコメントを発表し、飯塚元被告が過失を認めたことについて「最初からこの言葉があれば、とどうしても思ってしまう。真の意味で償える日が来るかどうかは彼次第だ」と指摘。そのうえで「彼が収容されても、世の中から交通事故がなくなるわけではない。真菜と莉子の命を無駄にしたくありません。皆さまにも忘れないでほしい」とした。(新屋絵理)

「最初からこの言葉があれば」と思ってしまう

 事故で妻子を亡くした松永拓也さんが発表したコメントの主な内容は以下のとおり。

 本日、加害者が収容されたと…

この記事は有料会員記事です。残り768文字有料会員になると続きをお読みいただけます。