メンバー5人目は「廃虚の女王」 現代によみがえる池袋モンパルナス

会員記事

田中ゑれ奈
[PR]

 かつて「池袋モンパルナス」と呼ばれた東京・池袋周辺を拠点に、4人の画家が結成したグループ「パルナソスの池」。神戸・六甲山で開催中の展覧会を機に初めて池袋を飛び出し、「廃虚の女王」と名高い旧摩耶観光ホテル(マヤカン)での滞在制作に挑んだ。時代の変化に翻弄(ほんろう)され朽ちていく建物に、歴史に埋もれたアトリエ村の記憶を重ねる。

 会場は、六甲山中で以前はゴルフ場のクラブハウスだった建物。マヤカン内外の姿を捉えた写真が天井から朽ちた梁(はり)のように垂れ下がり、マヤカンを始め六甲山周辺に点在する廃虚の遺物が、空間のそこかしこに配置される。壊れた電灯の笠の中にネズミがこしらえた巣やその骨、ほこりだらけの机に残るアライグマの足跡。それら「人ならざるもの」の気配を体現するウーパールーパーの化身が、部屋の隅にひっそりたたずむ。

 マヤカンの円窓を再現したス…

この記事は会員記事です。残り734文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら