怖い?優しい? DeNAドラ1小園が抱いた三浦監督の印象は……

[PR]

 ドラフト会議から一夜明けた12日、DeNAから1位に指名された小園健太投手が、市和歌山高で進藤達哉編成部長らのあいさつを受けた。小園は改めてDeNAの印象を「投手力の高いチーム。自分が成長できる球団だと思う」と語り、「チームを支えるエースになりたいと思っています」と抱負を話した。

 記者会見ではリモートで三浦大輔監督が飛び入り参加。監督からは「一緒のユニホームを着て、ともに戦っていきましょう。一日も早く会える日を楽しみにしています」とのメッセージを受けた。

 監督のイメージについて小園は「テレビで見ていた時は怖そうな感じでしたが、話したら優しそうな感じがしました。とても格好いいと思います」と話した。

 三浦監督はちょうど30年前のドラフトで大洋(当時)から6位指名を受けた。当時は奈良・高田商高の3年生。

 「小園君は、僕なんかより全然ボールも速いし、変化球の切れも抜群」と改めて評価。自身も奈良から横浜に出てきたことを思い出しながら、「一日も早く横浜の空気に慣れて欲しい。不安はあるだろうが、ベイスターズは全国から選手が集まっていてなじみやすいチーム。選手やスタッフが優しいのでどんどん質問して欲しい」とアドバイス。「僕もコーチや選手から『困ったことはないか』と声をかけてもらいました」と当時を振り返っていた。

 ちなみに小園はこれまで横浜には行ったことがなく、イメージは「和歌山と違って都会だと思う」と言って、報道陣を笑わせた。