3歳男児死亡、母親の交際相手24歳男を殺人罪で起訴 大阪地検

有料会員記事

[PR]

 大阪府摂津市で8月、新村桜利斗(おりと)ちゃん(3)が全身やけどを負って死亡した事件で、大阪地検は13日、母親の交際相手の無職松原拓海(たくみ)容疑者(24)を殺人罪で大阪地裁に起訴した。認否は明らかにしていない。

 捜査関係者によると、松原容疑者は9月に大阪府警に殺人容疑で逮捕され、容疑を否認した。その後は黙秘に転じたという。

 起訴状によると、松原容疑者は8月31日午後1時40分ごろから午後5時ごろにかけ、摂津市鳥飼本町5丁目のマンションで、殺意を持って桜利斗ちゃんに高温の湯を浴びせ続けるなどして全身に重いやけどを負わせ、熱傷性ショックで死亡させたとされる。

 捜査関係者によると、母親は事件当時は外出中で、松原容疑者と桜利斗ちゃんが2人で家にいた。

 松原容疑者は逮捕前の府警の任意聴取に、「(桜利斗ちゃんの)うんちを洗うために浴室に連れて行き、シャワーの温度を徐々に上げて驚かす遊びをしていた。60度まで上げて湯を出しっぱなしにし、自分は別の部屋でゲームをしていた」と話し、逮捕後は「(高温の湯を)故意に浴びせていません」と供述したという。

 府警は複数の医師に桜利斗ち…

この記事は有料会員記事です。残り504文字有料会員になると続きをお読みいただけます。