ネコの不妊・去勢支援へ、甲府市がクラウドファンディング

三ツ木勝巳
[PR]

 【山梨】猫の不妊や去勢手術を支援するために甲府市は12日、ネット上で寄付を集めるクラウドファンディングをスタートさせた。望まれないネコの繁殖を抑え、殺処分や汚物などによる住民環境への被害なども抑えることが目的だ。昨年度に続いて実施する。

 募集は、ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」を利用する。募集額は200万円。募集期間は来年1月9日までの90日間。寄付金の使い道は、オスとメス200匹ずつの去勢手術に4千円、不妊手術に6千円を補助する。地域ネコを捕獲して手術したり、飼養管理したりすることにも活用する。ふるさと納税制度による控除が受けられる。返礼品はお礼状のみ。

 昨年度の寄付では、目標額150万円に対して2倍を超える約318万円が集まった。寄付者は北海道から沖縄まで125人にのぼった。256匹分の不妊去勢手術の補助金などに使われた。樋口雄一市長は「このプロジェクトを通じて、動物愛護への関心と理解を進め、人と動物が共生できる社会を目指していきたい」と述べた。

 問い合わせは市生活衛生薬務課(055・237・2550)へ。(三ツ木勝巳)