貴源治だった元力士を不起訴処分 大麻所持容疑で書類送検の事件

[PR]

 大相撲幕内の貴源治だった上山賢・元力士(24)が大麻取締法違反(所持)容疑で書類送検された事件で、東京地検は12日、元力士不起訴処分とし発表した。所持を認めており、起訴猶予にしたとみられる。

 元力士は7月20日に東京都板橋区の自宅マンションで乾燥大麻約0・184グラムを所持した疑いで、警視庁に書類送検された。「緊張を和らげるために吸った」と話したという。日本相撲協会は同月、元力士の大麻使用に関する情報に基づいて聞き取りを実施。本人が使用を認めたため、同月30日付で懲戒解雇にした。