甲府の2人死亡火災、傷害容疑で19歳少年逮捕 放火ほのめかす供述

【動画】未明に火の手があがる住宅。ほぼ全焼し、2遺体が見つかった=近隣住民提供、遠藤雅彦・平山亜理撮影
[PR]

 甲府市の住宅が全焼して焼け跡から2人の遺体が見つかった事件に関連して、山梨県警は13日未明、この住宅の住民に対する傷害容疑で同市内に住む少年(19)を逮捕し、発表した。少年は12日夜に出頭。県警が事情を聴いていた。「間違いありません」と容疑を認めているという。放火をほのめかす供述もしているといい、火災との関連も調べる。

 県警によると、少年は12日午前3時45分ごろ、甲府市蓬沢1丁目の井上盛司さん方で、井上さんの娘の頭部を殴打し、けがを負わせた疑いがある。

 少年は現場周辺の防犯カメラの映像などから捜査線上に浮上。現住建造物等放火の疑いで捜査を始めた県警が行方を追っていた。少年は顔にやけどを負い、指を負傷しているという。

 井上さん一家と少年の関係について調べている。

 娘は自宅2階で就寝していたところ、1階で人が争うような音を聞き、1階に下りて少年と鉢合わせし、逃げる際に背後から襲われていた。

 娘は姉とともに2階のベランダから外に逃げ出し、姉が「泥棒に入られた」と110番通報。その直後に、自宅から出火し、木造2階建てが全焼していた。

 井上さんは50代。妻といずれも10代の姉妹の4人暮らし。

 焼け跡から2人の遺体が見つかっていた。火災後、井上さん夫妻と連絡が取れなくなっていることから、県警は、遺体が井上さん夫妻とみて身元の確認を進めている。司法解剖をして死因を調べる。

 現場はJR甲府駅から南東へ約3キロの閑静な住宅街。