NBAスター選手、試合に出場させず 新型コロナワクチン未接種で

有料会員記事

ニューヨーク=中井大助
[PR]

 米プロバスケットリーグ(NBA)のブルックリン・ネッツは12日、スター選手のカイリー・アービングが当面は試合に出場しない、と発表した。新型コロナウイルスのワクチンを受けておらず、本拠地・ニューヨーク(NY)での試合に加われないためで、アービングの今後の判断に注目が集まる。

 NBAは選手に、新型コロナワクチンの接種を求めていない。しかし、NY市は屋内スポーツ会場の観客らにワクチンを義務づけており、地元選手や会場の従業員も対象となっている。

 アービングがワクチンを受けない場合、アウェーの試合だけに出場する案も浮上していた。だが、ネッツのショーン・マークス・ゼネラルマネジャー(GM)は12日、「(アービングは)完全に参加できる資格を得るまで、チームの一員として試合に出たり、練習したりしないと決めた」とする声明を発表。「個人として判断をしており、その判断を尊重する」としつつ、完全にチームに加わることができるまで、合流を認めない方針を示した。

 アービングはプライバシーを…

この記事は有料会員記事です。残り179文字有料会員になると続きをお読みいただけます。