学校が嫌だった僕が科学者を志すまで 書くのが苦手でも楽しい勉強法

有料会員記事凸凹の輝く教育

編集委員・宮坂麻子
写真・図版
しんたろうさんがタブレット端末でまとめた夏休みの自由研究や元素の分類=本人提供
[PR]

 市販のヨーグルト「ビヒダス」の銀色のふたには、なぜかヨーグルトがくっつかない。では、水では? 油は? 酢は? ケチャップやマヨネーズは?――。

 関西地方の公立小学校3年、しんたろうさん(8)は、この夏、初めて「自由研究」に取り組んだ。iPadの「GoodNotes5」というアプリでノートをまとめる方法を教えてもらったこともあり、1日で終えた。

 自閉スペクトラム症と診断されたのは、2歳の時だった。1歳8カ月で言葉や数を覚え始め、3歳ではローマ字も読み始めた。集団行動やコミュニケーションは苦手だったが、母親(48)は「勉強はできそうだ」と思っていた。

 だが、小1の秋に、我慢していたことが積もりつもって、「学校に行きたくない」と爆発した。ちょうど運動会が終わったころだった。集団行動だけでなく、聴覚や触覚などにも感覚過敏があり、運動会や給食の時間にスピーカーから流れる音楽に耐えられなかった。

 授業では、文章はスラスラ読め、中学生の漢字も読めていた。ところが、文字を書くとなると、ゆっくりと時間をかけて集中しないと、ひらがなも整わない。夜中に汗をかいて何度もうなされ、学校で嫌だったことを叫び出した。

 「このままでは壊れてしまうと思いました。宿題もやめ、学校とも話しあいを重ねて理解いただきました」と母親は言う。

苦手な会話もチャットなら

 そんななか、しんたろうさん…

この記事は有料会員記事です。残り1804文字有料会員になると続きをお読みいただけます。