第5回社民・照屋氏、辺野古移設「国策の犠牲押しつける状況変わらず」

有料会員記事2021衆院選社民

聞き手・上地一姫
[PR]

 第5回は、一貫して沖縄に軸足を置いてきた社民党照屋寛徳さん(76)に、米軍基地問題や憲法のあり方などについて聞きます。

 ――次の衆院選に立候補せず引退を表明されました。岸田文雄首相は安倍政権で外相を務め、沖縄の問題に関わってきましたが、どう評価していますか。

 僕は戦後50年の1995年の参院選に初当選して以来、ウチナーンチュ(沖縄の人)の尊厳が大事にされる政治を作らないといけないという信念でやってきた。沖縄差別の根幹になっている日米地位協定を全面改正しなければいけないとずっと訴えてきた。

 基地問題では岸田首相も「(…

この記事は有料会員記事です。残り1257文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
2021衆院選

2021衆院選

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]