今、なぜ「民藝ブーム」? 自己と仕事がひとつになる幸せ

会員記事

志村昌司
[PR]

 今秋、東京国立近代美術館で「民藝(みんげい)の100年」展が開催されます。民藝ブームと言われますが、日々活動していると、年配の世代だけでなく、若い世代の間でも民藝が注目されていることを実感します。それにしても今、なぜ民藝がこれほどまでに人々を引きつけているのでしょうか。

 民藝はもともと「民衆的工芸」の意味で、大正時代末期に柳宗悦、河井寛次郎、濱田庄司、富本憲吉らそうそうたるメンバーによって民藝運動が始まりました。私たちの染織である草木染め、紬織(つむぎおり)のルーツも民藝に深く関わっています。1927年に京都に上加茂民藝協団が結成され、黒田辰秋(木工)、青田五良(ごろう)(染織)ら若い工人が集まりました。志村ふくみの母、小野豊(とよ)も近江八幡から京都まで通い、青田から染織の手ほどきを受けたといいます。

 戦後、柳の勧めもあって、ふ…

この記事は会員記事です。残り748文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら