最終予選といえば「あそこ」なのに…日本代表、W杯出場へ新たな悩み

有料会員記事

勝見壮史
[PR]

 「そういうことを考えるタイミングではない」

 日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長は13日、進退問題が取りざたされた日本代表の森保一監督を今後も支持していく考えを明かした。

 ワールドカップ(W杯)カタール大会のアジア最終予選B組の日本は12日、ホームで迎えたオーストラリア戦に2―1で勝利。W杯本大会へ、2勝2敗と何とか持ち直した。

 「選手も監督も、しっかりまとまってくれている。それを実感できた試合だった。もっとサポートしなければという気にさせられた」。田嶋会長は試合内容も評価。11月にベトナム、オマーンと戦うアウェー2連戦も森保体制で臨む方針を明言した。

 来年3月まで続く最終予選は、残り6試合。ホームで1、2、3月に1試合ずつ予定されている。

 森保体制に信頼を置く田嶋会長だが、その3試合については、ある悩みを抱えているという。

 「会場問題」だ。

 JFAは、オーストラリア戦…

この記事は有料会員記事です。残り553文字有料会員になると続きをお読みいただけます。