駐在所は無人、泣きながら警察に電話 傷害容疑19歳、油まき放火か

[PR]

 甲府市で住宅が全焼して2人の遺体が見つかった事件で、山梨県警は13日、火災直前に現場で住民の少女にけがを負わせたとして、市内の少年(19)を傷害容疑で逮捕し、発表した。捜査関係者によると「人を殺してしまった」と供述しているほか、放火についてもほのめかしており、県警は現場の状況などから少年が1人で、油のようなものをまいて火を付けたとみており、現住建造物等放火などの容疑でも調べている。

 全焼したのは甲府市蓬沢1丁目の井上盛司さん方。

 井上さんは妻のほか、ともに10代の姉妹の4人暮らし。捜査関係者によると、逮捕された少年は、姉と同じ県内の高校に通っていた。県警は少年が姉を知っていた可能性があるとみており、事件との関連を調べている。

 少年の逮捕容疑は、12日午前3時45分ごろ、井上さん方で姉妹のうち妹の頭部を殴り、打撲傷を負わせたというもの。容疑を認め、「間違いありません」と供述しているという。

 妹は当時、2階の寝室で寝ていたが、1階から人の争う声が聞こえたため、階段を下りようとした。その際、少年と鉢合わせし、逃げようとして後ろから殴打されたとみられる。妹は2階に戻り、姉と一緒にベランダから外に避難し、「泥棒に入られた」などと110番通報した。

 県警は、周辺の防犯カメラの映像や目撃証言などから、間もなく少年を特定。関係者に事情を聴くなどして行方を追っていたところ、12日夜、少年が直線距離で30キロ近く離れた県警南部署管内の下部駐在所(身延町)に現れた。無人だったため、警察署に電話をかけ、泣きながら事件への関与を認めたという。手に大けがをしており、逮捕後に医療機関で手術を受けた。

 井上さん方から火が出たのは、姉妹がベランダから外に出た直後。2階建て住宅が全焼し、焼け跡から2人の遺体が見つかった。井上さん夫婦の安否がわかっておらず、県警は2人の遺体とみている。捜査関係者によると、遺体には刺されたような形跡があった。ただ、火災による損傷が激しく、県警は司法解剖で慎重に確認する方針だ。

 現場はJR甲府駅から南東へ約3キロの閑静な住宅街。