岸田首相の「聞く力」は声を選ぶ? 明言を避けた「耳が痛い」テーマ

[PR]

 「聞く力」をアピールポイントとする岸田文雄首相への代表質問が13日終わった。首相は、野党の質問に「声をしっかり受け止める」と強調し、提案を受け入れるなど「聞く耳」を持つような姿勢が見られた。一方、安倍・菅政権の「負の遺産」など「耳が痛い」テーマでは、前政権の答弁をなぞる場面が目立った。

 13日、参院代表質問で、共産党の小池晃書記局長は選択的夫婦別姓について「どの世論調査でも導入に『賛成』が多数。阻んでいるのは自民党の強硬な反対派だ。首相の『聞く耳』は、国民の声でなく、党内反対派に対するものなのか」と問いただした。

 首相は「賛成の声にも反対の声にもしっかりと耳を傾けてきた」と反論したが、賛否の明言は避けた。

 首相は、総裁選後の記者会見で「岸田文雄の特技は『人の話をよく聞く』ということだ」と述べた。代表質問では、その「聞く力」が本物か試された。

 野党が「廃業や倒産の危機に…

この記事は会員記事です。残り1267文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

2021衆院選

2021衆院選

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]