水戸市が人気アニメとコラボイベント 新キャラの名前がミトなので

藤田大道
[PR]

 水戸市は人気アニメ「ソードアート・オンライン」とコラボした花火大会などのイベントを29日から展開する。新作映画に登場するキャラクター「ミト」がきっかけといい、主催する水戸観光コンベンション協会の担当者は「アニメをきっかけに、新しい観光客層を獲得したい」と期待を膨らませる。

 ソードアート・オンラインは、ライトノベルが原作のアニメで、ゲームの世界に閉じ込められた主人公らが敵と戦って脱出をめざす物語。ミトは30日から公開される新作映画で初めて登場するキャラクターだ。7月ごろ、アニメ制作会社の担当者から「市名と同じキャラクターが映画に登場するのでコラボできないか」という相談が寄せられたという。

 今月29日夜には偕楽園の特設会場で、大型画面で作品の映像を流しながら、花火を打ち上げる。市内の3カ所のカフェではキャラクターをイメージしたパフェなどが食べられるほか、水戸駅南口のホテルテラスザガーデン水戸には、アニメのキャラクターパネルで飾った部屋も登場する。

 同協会の担当者は「人気アニメだけあって、反響も大きい。花火大会やカフェに足を運んでもらって、歴史ある水戸の魅力にも気づいてもらいたい」と話している。(藤田大道)