妖精40年 涼風真世には歌がある これからも伸びやかに

有料会員記事宝塚歌劇団

河合真美江
[PR]

 宝塚歌劇に生まれ、羽ばたいた妖精、涼風真世(すずかぜまよ)。そのビロードのようにつややかで奥深い声。デビュー40周年の思いを歌声にのせた。

 覚えてる? 冒頭の歌はセリフから始まる。記念アルバムは自らプロデュースした「Fairy~A・I~愛」(ビクターエンタテインメント)。ミュージカルも、YOSHIKIやさだまさしの曲も、とさまざまな14曲。驚くべき仕掛けもあり、涼風真世節オンパレードだ。

 冒頭の「地球の涙」は宝塚時代から縁が深い演出家、小池修一郎の作詞。涼風がオファーした。

 「いつも指導者として前を歩…

この記事は有料会員記事です。残り1308文字有料会員になると続きをお読みいただけます。