動植物園の管理団体元職員、窃盗容疑で書類送検

山崎輝史
[PR]

 名古屋市から東山動植物園の施設管理運営業務を受託する公益財団法人「東山公園協会」で、保管中の現金1490万円が不足していた問題で、愛知県警は13日、元職員の男性(54)=懲戒解雇=を窃盗の疑いで名古屋地検に書類送検した。「2003年ごろから今年3月まで1500万円以上の現金を盗んだ。子どもの学費や、自動車ローンなどの返済にあてた」と容疑を認めているという。

 書類送検の容疑は、元職員は今年3月20~21日、協会の金庫から現金21万8千円を盗んだというもの。(山崎輝史)