欧州の天然ガス高騰、プーチン氏反論 「ロシアが供給抑制」の見方に

会員記事

モスクワ=喜田尚
[PR]

 世界的なエネルギー高騰の引き金になったとされる欧州での天然ガス価格急上昇をめぐり、主要な供給国であるロシアのプーチン大統領は13日、「ロシアは欧州側との契約上の義務を完全に果たしている」と述べ、ロシアが供給を意図的に抑えているとする見方を否定した。「原因は欧州側のシステムにある」とも述べ、ロシアに対する批判に「政治的だ」と反論した。

 13日からモスクワで始まった国際フォーラム「ロシア・エネルギー週間」の全体会合での演説で語った。

 プーチン氏は欧州側が冬場の電力需要を見越した貯蔵をしていなかったとし、「電力不足によって天然ガスの価格上昇が起きた」と指摘。「今回の危機は過去10年に積もりに積もった欧州のエネルギー政策の欠陥が引き起こしたものだ」と主張し、ロシアに対する批判は「現実を見ず、自らの誤りを隠すためのものだ」と述べた。

 欧州の天然ガス価格は10月…

この記事は会員記事です。残り286文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。