第1回日朝交渉、消えたキーマン 粛清か?拉致被害者帰国の「パイプ役」

有料会員記事

ソウル=鈴木拓也
[PR]

■日朝秘密交渉を追う(上)

 2016年夏。中国・北京にあるホテルの一室で、政界関係者として北朝鮮に人脈を持つ日本人男性は、「キム」と名乗る50歳代の男と向き合っていた。日本人男性によれば、キム氏は自らが北朝鮮の秘密警察・国家保衛省で対日関係を担当していると明かしていた。拉致被害者横田めぐみさんの娘、ウンギョンさんの生活支援もしていると語ったという。

 キム氏と日本人男性はその前にも何度か会ったことがあった。男性によると、この時の面会で、キム氏は「人目が気になる」といい、夕食に出かけることは拒んだ。2人はスーパーで買った菓子をつまみに、安物の赤ワインを飲みながら語り合ったという。このころ、北朝鮮は核実験ミサイル発射を繰り返していた。

 日本人男性は、ほろ酔いになったキム氏が、たばこをくゆらせながら話した愚痴を覚えている。「我々は失敗したら命が危ないこともある。だけど、日本人は部署が変わるだけで済むんだ」

「失敗したら命が危ない」

日本語は流暢で、沈着冷静で語り口は論理的…。消えた「キム氏」とはどんな人物なのでしょうか。

 この日、キム氏はこうも話し…

この記事は有料会員記事です。残り2069文字有料会員になると続きをお読みいただけます。