甲府2人死亡火災、警察に事前のトラブル相談なし 死因の確認中

[PR]

 甲府市で住宅が全焼して2人の遺体が見つかった事件で、放火をほのめかす供述をしている市内の少年(19)=傷害容疑で逮捕=について、この住宅の一家から警察にトラブルの相談はなかったことが捜査関係者への取材でわかった。少年は家族の1人と同じ高校に通っており、面識もあったとみられ、山梨県警は事件との関連を調べている。

 事件があったのは甲府市蓬沢1丁目の井上盛司さん宅。井上さんと妻、10代の姉妹2人が住んでいた。

 12日未明の火災で2階建て住宅が全焼し、焼け跡から2人の遺体が見つかった。県警は井上さん夫婦とみて、死因や身元の確認を進めている。

 県警は、少年が火災直前に室内で妹の頭部を殴って打撲傷を負わせた疑いがあるとして、13日未明に逮捕した。防犯カメラの映像などから少年を特定し、県内に緊急配備をかけるなどして行方を探していたところ、12日夜に県内の駐在所に現れた。

 少年は傷害容疑を認めるとともに、放火についてほのめかす供述もしているといい、「人を殺してしまった」と話しているという。

 県警は、井上さん一家が嫌がらせや脅迫、暴力行為などを受けた形跡がないか確認したが、少なくとも警察が相談を受けた記録はなかった。襲われた妹も「知らない人だった」などと証言しているという。

 一方、捜査関係者によると、少年は姉が通う県内の高校に在籍していた。面識があったとみられており、県警はトラブルなどがなかったか調べている。