容疑者は死亡した三男の元同僚、トラブルの有無を捜査 愛媛・新居浜

[PR]

 愛媛県新居浜市の民家で13日、男性と妻、三男の3人が刃物のようなもので刺されて死亡した事件で、銃刀法違反容疑で現行犯逮捕された住所不定、無職の河野智(こうのさとる)容疑者(53)が、三男が勤めていた事業所の元同僚だったことが県警への取材でわかった。県警は2人の間にトラブルがなかったかを調べ、殺人容疑を視野に捜査を進める。

 死亡したのは岩田友義さん(80)と妻のアイ子さん(80)、三男の健一さん(51)。県警は14日、妻の名前について13日に「愛子さん」と説明していたのを訂正した。住民票で確認したという。

 県警によると、河野容疑者は13日、同市垣生(はぶ)2丁目の岩田さん宅の敷地内にいたところを、刃渡り約13センチのナイフを所持した疑いで現行犯逮捕された。「殺すつもりでナイフを持っていた」と供述し、押収したナイフに血痕が付着しているのが確認された。

 県警によると、河野容疑者と健一さんは同僚だった時期があった。友義さんやアイ子さんを含めて面識があった可能性があり、関係を調べている。近所の人の話では、健一さんは鉄工所で働いていたことがあったという。

 事件は13日夕に発生した。午後5時40分ごろ、自宅にいたアイ子さんから「前に来た男が来てもめている」と110番通報があり、新居浜署員が駆けつけたところ、友義さんが自宅の玄関先、アイ子さんと健一さんが室内で、それぞれ血を流して倒れているのが見つかった。県警は3人の遺体を司法解剖し、死因を調べる。

 現場はJR新居浜駅の北東約4キロの住宅街。