甲府の2人死亡火災、遺体の死因はともに失血死 刺殺した後に放火か

会員記事

[PR]

 甲府市で住宅が全焼して2人の遺体が見つかった事件で、山梨県警は14日、司法解剖の結果、2遺体の死因はともに失血死だったと発表した。県警は、住宅の住民に対する傷害容疑で逮捕した市内の少年(19)が、刃物のような物で2人を刺殺した後、油のようなものをまいて火を放ったとみており、殺人や現住建造物等放火の容疑でも調べている。

 2遺体の性別はそれぞれ男女と判明したものの、遺体の損傷が激しく、身元はなお確認中としている。県警は、この家の井上盛司さんと妻とみて、身元の確認を進めている。

 事件があったのは、JR甲府駅から南東へ約3キロの甲府市蓬沢1丁目の井上さん方。井上さん夫婦と10代の姉妹2人が住んでいた。

 12日未明の火災で2階建て住宅が全焼し、焼け跡から2人の遺体が見つかった。県警によると、司法解剖で、それぞれの遺体から刃物によるとみられる傷が複数確認された。

 県警は、少年が火災直前に室内で妹の頭部を殴打して打撲傷を負わせた疑いがあるとして、13日未明に傷害容疑で逮捕。周辺の防犯カメラの映像や目撃情報などから少年を特定し、県内に緊急配備をかけるなどして行方を捜していたところ、12日夜に県内の駐在所に現れ、事件への関与を認め、「人を殺してしまった」と話していた。

 捜査関係者によると、少年は傷害容疑を認めるほか、放火についてほのめかす供述もしているという。

 捜査関係者によると、少年は…

この記事は会員記事です。残り189文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら