「違う考え飛び交うほど、いい化学反応」 のんさんと学ぶSDGs

奥山晶二郎 コーディネーター・奥山晶二郎
【動画】のんさんと学ぶSDGs (1)
[PR]

 国際シンポジウム「朝日地球会議2021」(朝日新聞社主催)はオンラインで開催され、17~21日の期間中、3種類の「のんさんと学ぶSDGs」を配信した。

 番組は「女優・創作あーちすと」のんさんによる絵本の朗読から始まった。SDGsの目標に重なる絵本のテーマについて、朝日新聞「withnews」の奥山晶二郎編集長を聞き手に語った。

【動画】のんさんと学ぶSDGs (2)

 『はじまりは たき火』(作・まつむらゆりこ、絵・小林マキ)は火を通して人類と科学技術の関係を伝えている。のんさんは「地球を変えてしまった人間の知恵を別の視点で使えば環境保護のためにもなる。そんな思いを込めて朗読した」と話した。

 『なんでそんなことするの?』(作・松田青子、画・ひろせべに)の舞台は個性が認められない窮屈な学校生活。映画監督でもあるのんさんは「誰ひとり取り残さない」というSDGsの理念を踏まえ「現場で違う考えが飛び交うほどいい化学反応が起きる。そういう瞬間に巡り合えるのが本当に素晴らしい」と述べた。奥山晶二郎

【動画】のんさんと学ぶSDGs (3)

 「のんさんと学ぶSDGs」は、「女優・創作あーちすと」のんさんによる絵本の朗読から始まった。SDGsの目標に重なる絵本のテーマについて、朝日新聞「withnews」の奥山晶二郎編集長を聞き手に語った。

 『はじまりは たき火』(作・まつむらゆりこ、絵・小林マキ)は火を通して人類と科学技術の関係を伝えている。のんさんは「地球を変えてしまった人間の知恵を別の視点で使えば環境保護のためにもなる。そんな思いを込めて朗読した」と話した。

 『なんでそんなことするの?』(作・松田青子、画・ひろせべに)の舞台は個性が認められない窮屈な学校生活。映画監督でもあるのんさんは「誰ひとり取り残さない」というSDGsの理念を踏まえ「現場で違う考えが飛び交うほどいい化学反応が起きる。そういう瞬間に巡り合えるのが本当に素晴らしい」と述べた。(コーディネーター・奥山晶二郎