• アピタル

全国に先駆けて感染拡大した北海道 新型コロナ第5波までを振り返る

有料会員記事新型コロナウイルス

戸田拓
[PR]

 東京五輪パラリンピックの期間に感染拡大が起きた新型コロナウイルスの「第5波」が下火となり、首都圏や北海道などで出されていた緊急事態宣言は1日、一斉に解除された。北海道では昨年1月28日の感染初確認以降、全国に先駆けて広がった。1年8カ月余りにわたる感染の波を札幌医科大学の當瀬規嗣教授(細胞生理学)に振り返ってもらい、冬に向けての展望についても聞いた。

とうせ・のりつぐ 1959年北海道赤平市生まれ、滝川市で育つ。北海道大学医学部卒業。北大医学部助手、米シンシナティ大学助教授などを経て98年から札幌医科大学医学部教授。2006~10年には同大医学部長を務めた。

 昨年1月末、中国・武漢市から訪れた観光客が発症し、さっぽろ雪まつりをきっかけに感染の拡大が起こった。この第1波での1日あたりの感染者数の確認は最多でも15人。現在のとらえ方からすると多くはないが、イベントなどをきっかけに各地に広がった事実は「道民に危機感を覚えさせた」と當瀬教授はいう。

写真・図版
北海道の新型コロナウイルス感染者と死者

 続いて3月末、本州で欧州経由で入ってきた型による感染が拡大した(本州の第1波)。北海道へも年度末の人口移動に伴い入り込み、大きな第2波となった。期間中の1日の感染者数は45人が最多。有効な対処法が確立されていないなか、高齢者施設などでクラスター(感染者集団)が連続して発生し、患者数に比して死者数が多かった。

 その夏、東京を中心に感染拡大が起きたとき(本州の第2波)、北海道では目立った感染拡大は起こらず、感染者数は比較的少ない状況が続いた。しかし、このとき発生した変異ウイルス(いわゆる東京型)が秋にかけて徐々に拡大。10月に東京発着のGoToトラベルが始まり、「観光客がススキノを中心とした札幌地区に入った。これが第3波のきっかけとなった」(當瀬教授)。11月20日に感染者304人が確認され、年末にかけていったんは減少したが、年末年始の人出で再び拡大に転じ、今年2月末まで長きにわたった。

 減少もつかの間、再び年度替わりの人の移動の活発化と、英国で見つかったアルファ株が3月から広がり始めたことから、第4波が4月以降に猛威を振るった。大型連休後の5月21日にはこれまでで最も多い727人の感染が確認され、死者も5月31日と6月8日に過去最多の19人が発表されるなど2桁台が続いた。道内の医療体制は逼迫(ひっぱく)して崩壊寸前に至り、累計死者は1千人を超えた。

 そして7月。第5波がインドで見つかったデルタ株の侵入により引き起こされた。「北海道での流行は、五輪マラソンなど競技の開催そのものより、大会準備のため人の移動が活発化したことで拡大した」

 ただ第5波では、感染者数は…

この記事は有料会員記事です。残り897文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]