昼食、おやつ……おしゃべりざんまいの同僚 マスクなし会話に不安

写真・図版
マンガ・米澤章憲
[PR]

 教員です。

<職場のホ・ン・ネ> 九州の60代女性

 職員室には黙食やマスク着用を呼びかける紙が貼ってありますが、複数の同僚が守っていません。狭い部屋で、昼食やおやつを食べながらおしゃべりざんまい。

 すでにワクチンを打っているので油断しているのかもしれません。和気あいあいとした職場の雰囲気を守りたいという気持ちもあるのでしょう。でも、まだワクチンを打てていない私としては、申し訳ないという思いもある一方で、感染が怖くて気が気でありません。仕事を集中して進めることもできません。

 上司に訴え出ましたが、改善にはつながりませんでした。新型コロナ対策をめぐっては飲食店やイベントばかり規制が重く、世の中の監視の目も厳しいですが、労働者が長い時間を過ごさなければならない職場にこそ、しっかりしたルールを適用すべきです。(九州地方・60代女性)

     ◇

 あなたの働き手としての悩みや葛藤を「職場のホ・ン・ネ」にお寄せください。すでに掲載された「ホンネ」への感想や意見も歓迎します。連絡先を明記のうえ、朝日新聞経済部労働チーム(t-rodo@asahi.comメールする)までメールでお送りください。