「がんばって」より「とりあえずビール」を 常連客から贈り物

会員記事

福井万穂
[PR]

 那覇市中心部の居酒屋に、常連客から粋な「プレゼント」が届いた。

 「ここの串焼き屋さん 大将はイケメンではありませんが 料理はうまいです」

 ビル2階にある店内へ上がる階段の前。細長いシャッターを白く塗り直し、店のPRやメッセージが書き込まれた。

 居酒屋は、那覇市役所近くの「ノーリーズダイナー」。

 「のーりー」の愛称で親しまれる店主の仲間徳宏さん(60)が1996年に開き、今年で25周年を迎えた。

 客のほとんどは地元の常連だ。

 沖縄県内は新型コロナウイルスの感染拡大が続き、4月にまん延防止等重点措置が適用、5月には緊急事態宣言が出された。

 店は4月中旬から夜の営業を休業し、ランチ営業に切り替えた。

 売り上げは、コロナ前の2割程度まで落ち込んだ時期もあった。

 緊急事態宣言は5度延長され、約4カ月に及んだ。

 苦境に立つ店を「目に見える形で応援したい」と、夏ごろに常連客の男女10人ほどが共同で、シャッターへの寄せ書きを企画した。

 仲間さんとは若い頃から付き…

この記事は会員記事です。残り332文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。