消えたフクロウのニコ、神田川沿いで見つかる 盗まれた可能性も

大山稜
[PR]

 12日に東京都豊島区の飲食店から姿を消し、行方が分からなくなっていたモリフクロウ「ニコ」が14日午後、店近くの新宿区内で見つかった。目立ったけがはなかったという。

 ニコを飼っていたのは、パクチー料理店とフクロウカフェを兼ねた「パクチーバル8889」店主の野中友さん(48)。

 野中さんから相談を受けていた警視庁目白署などによると、店から約250メートル離れたJR高田馬場駅近くの神田川沿いで14日昼すぎ、「柵にフクロウがいる」と110番があったという。

 署から知らせを受けた野中さんが駆けつけ、フクロウをニコと確認。自ら保護した。ニコは腹をすかせた様子で、餌を見せると自ら飛んできた。普段に比べ元気がない様子だったという。

 ニコは12日に野中さんが新型コロナウイルスのワクチン接種を受けるために店を留守にした最中に姿を消した。盗まれた可能性もあるとして署が行方を捜していた。

 野中さんは「ニコが自ら外に出られたとは考えづらい。盗んだ人がいるかもしれないと思うと複雑な気持ちはあるけれど、とりあえずは戻ってきてくれてうれしい」と話した。(大山稜)