津軽海峡渡るヒヨドリの群れ、越冬のため北海道から本州へ

三木一哉
【動画】津軽海峡越え飛び立つヒヨドリの群れ=三木一哉撮影
[PR]

 北海道と本州が約19キロの距離で向かい合う北海道最南端の松前町の白神岬から、津軽半島を目指して、ヒヨドリの群れが渡り始めた。ヒヨドリは厳しい北海道の冬が近づくと、越冬のため本州へと渡るものもいる。

 14日朝は、岬の北側の丘に集まった数百羽の群れが旋回しながら、海へと急降下し、次々と南へ渡っていった。

 ヒヨドリのほか、シジュウカラの群れや、こうした鳥の群れを上空から狙う大きな鳥の姿もあった。ヒヨドリの群れの飛行は津軽海峡の秋の風物詩。例年、10月中旬ごろから11月上旬ごろまでの間、風の弱い晴天の早朝から午前中にかけて見られるという。(三木一哉)