アデランス上席執行役員が講演 「笑顔が広がる価値共創型SDGs」

【動画】アデランス講演 世界に笑顔が広がる価値共創型SDGs
[PR]

 国際シンポジウム「朝日地球会議2021」(朝日新聞社主催)はオンラインで開催され、2日目の18日、箕輪睦夫・アデランス上席執行役員の特別講演「世界に笑顔が広がる価値共創型SDGs」を配信した。自社の強みを社会で生かすために身近な取り組みを世界へ広げてきた同社の「光触媒」との出会いや「地球規模の環境」との向き合い方について語った。

 毛髪の悩みの解決をめざすアデランスのビジョンは、SDGsの持続性も意識した「ずっと笑顔でいられるために」。「健康の笑顔」「社会の笑顔」「地球の笑顔」「未来の笑顔」の4区分で活動に取り組んでいます。

 自社の強みを生かした活動の一つとして、お子さんに40年以上ウィッグを贈っています。実は買収した米国の会社も20年、同じ取り組みを続けていました。このプレゼントはデンマークでも喜ばれました。ウィッグを通じた活動を通して、日本だけでなく世界の子どもたちが笑顔になることを実感しています。

 美容や健康の「ウェルネス産業」をめざす中で、光触媒技術に出あいました。触媒を吹き付けた箇所に光があたると、化学反応で有機物などを分解する特徴があるとされています。安心・安全に暮らせる地球の未来に向けた衛生事業にも取り組んでいきます。