傷害容疑の19歳、長女に一方的好意か 甲府2人死亡の火災

有料会員記事

[PR]

 甲府市で住宅が全焼して住民の夫婦とみられる遺体が見つかった事件で、山梨県警は14日、司法解剖の結果、死因はともに失血死だったと発表した。刃物によるとみられる複数の刺し傷もあった。県警は、放火を示唆する供述をしている少年(19)=傷害容疑で逮捕=が刺した後に火を放ったとみて、殺人や現住建造物等放火の容疑で調べている。捜査関係者によると、関係者の話から、少年は夫婦の長女に一方的に好意を寄せていた可能性があるという。

 県警はこの日、少年を甲府地検に送検し、動機の解明などを本格的に始めた。

 逮捕容疑は、12日午前3時45分ごろ、甲府市蓬沢1丁目の井上盛司さん方で、次女の頭部を殴って打撲傷を負わせたというもの。

 井上さんは妻、ともに10代…

この記事は有料会員記事です。残り364文字有料会員になると続きをお読みいただけます。