第1回食料配布に300人の列 「政治家はこういう場所に来て声聞いて」

有料会員記事

藤野隆晃
[PR]

 高層ビルが立ち並ぶ東京・西新宿。土曜日の9日、街の一角に長い列ができていた。白髪交じりの男性が目立つが、20代、30代とみられる若者や女性の姿も。民間団体が週1回、ここで生活困窮者に食料を配る。その開始を数百人が静かに待っていた。

 列の先頭近くにいた都内在住の女性(39)は、午前6時ごろから並んだ。この場所で食料が配られていると知った5月ごろから、毎週のように通う。

 高校卒業後、アルバイトを転々とし、ここ数年は派遣会社に登録して工場で働いていた。だが今年の春、勤務時間通りに給与が払われていないことを会社に伝えた後、勤務を大幅に減らされた。以前は月15万円ほどの手取りがあったが、ほとんど仕事がなくなった。食費を削るため、一日に納豆1パックで過ごしたこともあった。

 いまは新しい派遣会社に登録…

この記事は有料会員記事です。残り455文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載コロナの街で(全14回)

この連載の一覧を見る