「何も恐怖はない」ZOZO創業の前沢氏、宇宙旅行前に会見

有料会員記事

モスクワ=石橋亮介
[PR]

 衣料品通販サイト運営会社「ZOZO」を創業した実業家で、12月にロシアのソユーズ宇宙船国際宇宙ステーション(ISS)に向かう前沢友作氏(45)が14日、訓練を受けているロシアで会見した。ISSに民間の日本人が滞在するのは初めてで、「打ち上げ日が迫るごとにわくわくするばかり」と語った。

 会見はモスクワ郊外「星の町」のガガーリン宇宙飛行士訓練センターで行われた。ロシアの宇宙機関ロスコスモスが取り組む宇宙旅行ビジネスの一環で、前沢氏は、数十億円とみられる費用を自己負担している。

 前沢氏は「(民間人が)宇宙に行けると知って好奇心と挑戦心が止まらなくなった」と説明。「ソユーズの安全性を信頼しているので何も恐怖はない」と強調した。

 「ISSは15カ国の協力で作られた場所。初めて滞在する日本の民間人として大きな責任も感じている」とも話し、宇宙での体験をSNSを通じて発信する考えを示した。

 打ち上げは12月8日の予定。カザフスタンのバイコヌール基地を出発し、ISSを含め宇宙に12日間滞在するという。ロシア人宇宙飛行士のアレクサンドル・ミスルキン氏が船長を務め、前沢氏の関連会社の日本人男性も同乗する。

 ロシアは宇宙旅行ビジネスの…

この記事は有料会員記事です。残り356文字有料会員になると続きをお読みいただけます。