別人の銀行口座を差し押さえ 税滞納者と同姓同名、市が本人確認怠る

豊平森
[PR]

 神奈川県秦野市は13日、市県民税と国民健康保険税の滞納者について、誤って同姓同名で生年月日も同じ別人の銀行口座を差し押さえるミスがあったと発表した。

 市によると、滞納者は2019年から計51万円を納めていなかった。このため市は財産調査を実施し、滞納者と名前も生年月日も一致する銀行口座を見つけて9月14日に差し押さえたという。しかし、同29日に口座の持ち主から心当たりがないと連絡があり、間違いに気付いた。

 口座の持ち主は県外在住だった。市によると、口座の住所は最新でないことがよくあり、市の担当者は滞納者の口座と思い込んで、定められた本人確認の手続きを怠っていたという。(豊平森)