ピュリツァー賞を2度、NYTコラムニストが退社 州知事選に出馬か

ニューヨーク=中井大助
[PR]

 ニューヨーク・タイムズ(NYT)は14日、コラムニストのニコラス・クリストフ氏(62)が退社したと報じた。出身地の、オレゴン州の知事選への立候補を検討しているためという。クリストフ氏はNYTで北京支局長、東京支局長などを務めた後、01年にコラムニストとなり、世界各地の人権や貧困について積極的に執筆してきた。

 NYTによると、クリストフ氏は退社に関する社内向けのメモで「これは私の夢の仕事だった。マラリア、コンゴでの飛行機墜落、ジャーナリズムを行ったことによる海外での定期的な逮捕があっても。しかし、非常に残念ながら辞職する」と伝えたという。

 クリストフ氏は、妻のシェリル・ウーダン氏との共著も多い。20年に発表した「タイトロープ」(邦題・「絶望死 労働者階級の命を奪う『病』」)ではクリストフ氏が育ったオレゴン州ヤムヒルで仕事が失われたり、薬物中毒や自殺が増えたりしている様子を描いた。NYTによると、クリストフ氏は「単に問題を明らかにするだけでなく、直接治せないか、試すべきだと結論に至った」としている。

 クリストフ氏は1990年、中国の天安門事件をめぐる報道でウーダン氏と一緒にピュリツァー賞を受賞。06年には、スーダンのダルフールに関するコラムで再び受賞した。(ニューヨーク=中井大助