長女と「LINEできなくなった」 19歳少年、甲府の火災で供述

有料会員記事

[PR]

 甲府市で住宅が全焼して住民の夫婦とみられる遺体が見つかった事件で、殺害や放火について示唆している市内の少年(19)=傷害容疑で逮捕=が、夫婦の長女について「LINEでやり取りができなくなった」などと供述していることが、捜査関係者への取材でわかった。少年は長女に一方的に好意を抱いていたとみられており、山梨県警は、少年が一人で逆恨みをしていた可能性もあるとみて慎重に調べている。

 火災は、12日未明に甲府市蓬沢1丁目の井上盛司さん方で発生。木造2階建て住宅が全焼した。井上さんは妻といずれも10代の長女、次女の4人暮らしで、遺体は連絡が取れていない井上さん夫婦とみられている。

 県警は、火災直前の室内で井上さんの次女を殴ってけがをさせたとする傷害容疑で、少年を13日未明に逮捕した。2階で寝ていた次女は人が争うような音が聞こえたため、1階に下りようとしたところ、少年と鉢合わせして襲われたとみられている。次女はその後、2階にいた長女とベランダから外に逃げ出した。

 少年は出頭した際に「人を殺してしまった」と話し、放火についても関与をほのめかしているという。

 捜査関係者によると、少年は…

この記事は有料会員記事です。残り203文字有料会員になると続きをお読みいただけます。