ドコモ副社長、通信障害を謝罪 200万ユーザーに影響

[PR]

 全国規模で起きた通信障害を巡り、NTTドコモは15日午後、オンラインで記者会見を開いた。田村穂積副社長は冒頭、「ご迷惑をおかけしたお客様におわび申し上げますとともに、多くの方々にご迷惑、ご心配をおかけしていることをおわび申し上げる」と謝罪した。

 同社によると、通信障害は14日午後5時ごろに発生し、同午後8時前に一部回復。15日午前5時ごろに4Gと5Gは回復したが、3Gは引き続き復旧対応中だという。全国的に音声通話とパケット通信サービスが使いづらくなった。

 同社は、今回の通信障害の影響規模について、全国で約200万ユーザーとしている。

 しかし、この数字は位置情報の更新ができなかった端末の数で、ドコモが実施した通信制限などで音声通話ができなくなった人たちは含まれていない。ドコモはそうした人たちも含めた総数は「算出できない」としており、参考値として音声通話が前週と比べ15%減、パケット通信サービスは同4%減というデータを示した。ドコモの全国の契約数は約8千万ある。

 通信障害はタクシーの電子決済や自動販売機などに組み込まれている通信サービスのサーバーについて、旧設備から新設備に切り替える作業に伴って発生したという。