トヨタ、踏み間違い防止へクッション発売 運転姿勢を矯正

有料会員記事

三浦惇平
[PR]

 トヨタ自動車は、アクセルとブレーキの踏み間違い事故の防止につながるシートクッションを開発した。運転席に装着して太ももを横から支え、ドライバーの足先をブレーキに寄せる仕組みだ。15日から全国のトヨタ販売店で売り出す。

 クッションは左右が膨らんでいて、座ると太ももが横から押される。年齢を重ねると股関節が開きやすくなり、それによって足先がアクセルに近づくのを防ぐという。アクセルやブレーキの操作時に足の筋肉の負担を減らしたり、カーブの走行時に体が揺れるのを抑えたりする効果もあるとする。

 トヨタ車向けで、カローラプリウスなど43車種に装着できる。3分以内で取り付けられて、取り外しも可能。体形やシートの形に合わせて、クッションの形も微調整できる。ニット素材は税込み4290円、スエード調は同6160円。

 警察庁によると、2020年…

この記事は有料会員記事です。残り255文字有料会員になると続きをお読みいただけます。