• アピタル

10~20代男性、ファイザー製を「選択可」に 「推奨」からは修正

新型コロナウイルス

[PR]

 厚生労働省は15日、10代と20代の男性の新型コロナウイルスワクチン接種について、米ファイザー社製を1、2回目いずれでも「選択できる」と広報していくことを決めた。米モデルナ社製を接種すれば、心臓の筋肉などに炎症が起きる恐れがあるためで、1回目にモデルナ社製を打った人も希望すれば、ファイザー社製を接種できるようになる。

 10代と20代の男性に対して厚労省は米ファイザー社製の接種を推奨する考えだったが、ファイザー社製でも頻度は比較的低いが炎症は起きており、対応を微修正した。

 この日の専門家の部会では、モデルナ社製は比較的心筋炎がおきやすいとのデータを確認。一方、同じ「m(メッセンジャー)RNAワクチン」というタイプのファイザー社製も心筋炎が確認されており、委員からは「ファイザー社製を推奨するというのはひっかかる」との指摘が相次いだ。

 3日までの心筋炎や心膜炎の100万人あたりの報告頻度は、男性の場合、モデルナでは10代で28・8人、20代で25・7人。一方、ファイザーでは10代で3・7人、20代で9・6人だった。いずれのワクチンでも、心筋炎などが起きてもほとんどが軽症だった。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]