唐津くんちの曳山巡行、2年ぶり実施へ 11月3日の1日限り

渡辺松雄
[PR]

 佐賀県唐津市の唐津神社の秋の例大祭「唐津くんち」で、国の重要無形民俗文化財に指定されている曳山(ひきやま)巡行が今年、11月3日に限って2年ぶりに実施されることが決まった。神社と唐津曳山取締会が15日に発表した。例年なら11月2~4日の3日間にわたる行事だが、昨年は新型コロナウイルスの影響で中止されていた。

 3日は「御旅所神幸(おたびしょしんこう)」の神事があり、例年ならご神体をみこし2体で浜辺近くに運んでいた。今年はみこしの代わりに唐櫃(からひつ)という小型の箱で運び、曳山14台が随行する。曳き子はマスク着用で人数も絞る。取締役会は沿道での観覧を遠慮するよう呼びかけている。2日夜の宵曳山(よいやま)と4日の翌日祭は中止になった。(渡辺松雄)