第17回総裁選で「借り」のある奈良1区 命拾いした者の挑戦、維新も参戦

有料会員記事2021衆院選

渡辺元史 平田瑛美
[PR]

 古都の町並みと大阪に近い新興住宅街が混在する衆院奈良1区は無党派層も多く、与野党の勢力が伯仲する全国的な激戦区の一つだ。前回の2017年、小選挙区で初当選した自民の小林茂樹氏(57)が、それまで5回連続で議席を守ってきた馬淵澄夫氏(61)=立憲民主=の挑戦を受ける。両氏の対決は4度目だ。

 「総裁選で私の推薦人になっ…

この記事は有料会員記事です。残り3266文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
2021衆院選

2021衆院選

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]

連載ルポ 注目選挙区(全40回)

この連載の一覧を見る